口臭の原因となる歯垢の上手な取り方について

【公衆の原因について】

キラハクレンズの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

口臭の原因としてメジャーなものに歯垢があります。今回は

・口臭の原因となる歯垢の正体

・歯垢が原因の口臭のチェック方法

・歯垢の上手な取り方

について書いていきます。

■歯垢の正体とは?

歯垢とは食べ物の残骸ではなく、口内で発生した細菌の事です。

歯磨きをしないでおくと、歯の表面がヌルヌルしてくると思いますが、それが歯垢の影響なのです。

歯垢は食後8時間後に生じるとされます。

その正体の細菌たちが臭いの素である硫化水素やメチルメルプタンを発生させることで口臭が起きるのです。

■口臭のチェック方法

口臭は自分で自分の息を嗅ごうとしても、なかかできません。

自分では臭くないと思っていても、他の人には十分に臭いと思われている可能性があります。

そんな時は臭いではなく、歯垢を実際に手に取って嗅いでみるとその激烈な臭いがわかります。

方法としては、この後に口臭のケアでも使うフロスを使います。

歯磨きをさぼった状態で、フロスで歯と歯の間をこすると、歯垢の塊がくっついてきます。

そして、においを嗅いでみましょう。激烈に臭いのがわかります。

自分では臭くないと思っていても、こんなに強烈なにおいを発するものが、口の中に大量発生していると思うと、ゾッとしませんか?

あと確認方法として、あまりお勧めしませんが、歯と歯の間に爪先を入れてみて、くっついた歯垢の塊の臭いを嗅いでみる、という手もあります。

■口臭を防ぐには?

口臭を防ぐためには歯磨きで歯垢をとる事が基本です。

しかし歯垢は通常の歯磨きでは6割程度しかとれないと言われています。残りの4割をとるのに活躍するのが歯間ブラやフロスです。

私が以前通っていた歯医者さんでも、この歯間ブラシをすすめられました。

この歯間ブラシでまず歯と歯の間を前後に動かすと、大まかな歯垢がとれていきます。

さらにフロスで歯と歯の間を左右に動かすことで、歯の横にこびりついた歯垢がとれていきます。

■最後に

この2つの道具は、取れる歯垢の箇所がそれぞれ違うので、使い分けると良いでしょう。

「歯間ブラシ フロス」と検索するとそこまで高くない値段で出てきますので購入してみてはいかがでしょうか?