完璧主義を捨てること

子育ては完璧主義の考え方を捨てることが重要です。

完璧に除菌をした哺乳瓶でないと使えない。
寝具は常に清潔にしていないといけない。
離乳食はバランスよく食べさせないといけない。
洗濯洗剤は無添加で大人のものと分けて洗わないといけない。

プラステンアップαはどこで売ってる?販売店情報や使用した効果などを全レポート!

などなど、挙げ出したらきりがないですが、この「~しないといけない」という考え方は、捨てるべきだと個人的には思います。
完璧主義な人は育児書を購入したり、ネットで検索をして、すべきことやしてはいけないことを片っ端から学ぶと思います。
そして、それから少しでも外れると焦ってしまうのではないでしょうか。
しかしながら、全く同じ子供はいないわけで、育児書を書いた人だって、せいぜい三人ほどの親なのではないでしょうか。
ですから、一般的にすべきとされていることが多少できなくても、心配はいらないのです。
それよりも、保護者を雁字搦めにする考え方の方が、柔軟性を失うこととなり、いざというとき対応できなくなったり、他人の子供を許せなくなったりしてしまうのではないでしょうか。

子育てにおいて完璧な人など誰一人いません。
それどころか、子育てに正解はないのです。
肩の力を抜いて子供たちと向き合うことが大事なのです。