季節性の肌荒れにはどう対処するべき?

 体調のみならず、季節の変わり目には肌の調子も乱れがちです。特に冬から春、春から夏など極端に気温や気候が変化する時には肌の悩みが急増します。乾燥、痒みを感じるケースも多く、場合によってはアレルギーの症状にも悩まされがちです。こうした肌の悩みには、デイリーケアを見直すことも重要ですが、「腸内環境」を整えることも大切です。腸内環境は人間の体の免疫力に影響しています。腸内が弱まっていると、肌荒れも生じやすくなり疲れを感じやすくなるのです。身体の内側から肌の保湿を行うためにも、季節の変わり目には食べる物にも意識を向けてみましょう。

シロジャムの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

では、腸内環境を整えるにはどんなことをすればよいのでしょうか。

 美肌と腸に良いのは、善玉菌を身体に増やすことです。身体の中にある悪玉菌を減少させ、善玉菌を増やすには「発酵」した食べ物が良いでしょう。納豆や味噌、ヨーグルトなどが発酵食品として手軽に購入できるものです。こうした発酵食品を継続的に食べると、腸内環境が改善し肌の調子も整いやすくなります。また、発酵食品は多くの女性が悩んでいる便秘の改善にも効果をもたらします。便秘は肌荒れの原因の一つですし、ガンリスクも高まります。発酵食品を上手に生活に取り入れて、腸内環境を整えましょう。